テンペストHSブログ

HSプレイヤー兼大会運営してます

上記の記事を読みやすく編集したもの

※この記事は

読みやすいブログの書き方 - テンペストHSブログ

の中で登場するサンプル記事です。

f:id:tempe443:20170305153456p:plain

 

f:id:tempe443:20170305153409p:plain

f:id:tempe443:20170305153429p:plain今回は今シーズンのアグシャーに関して紹介します。

ミッドレンジシャーマンでなくアグロシャーマンを使う理由は

①対海賊ウォーリアアグローグに対して早めに対処できる

②対翡翠ドルイドは相手が回る前に勝負をつけられる

この2点だと思ってます。

 

 

 

「採用・非採用のカードに関して紹介」

※なお、絶対2枚入るだろうというカードの説明は省略します。

 

アージェントの従騎士(2枚採用)

f:id:tempe443:20180105140115p:plain

1マナミニオンを入れなきゃアグロ展開できないと思って妥協で入れました。先攻1ターンで出して次に炎の下のトーテムはもちろん翡翠の爪、イトニングボルトといったカードでダメージ+1しつつ1/1が残るのでテンポは取れます。ちんけなバッカニーアがいかに偉大だったかがわかりますw

 

 

 

 

 

大地の衝撃(1枚)

f:id:tempe443:20180105140339p:plain

主な使用方法は

①挑発を超える

②Buffした海賊ミニオン冷血をつけたアージェントミニオン

③呪文トーテム時1マナ2ダメージスペル(サーフィンレーマルグルトンが入っていないためやりやすい)

④フリーズしたミニオンに打って殴る

です。どのデッキにも幅広い使い道はありますが腐るときはあるので1枚にしました。

 

 

 

 

 

メイルシュトロームのポータル(2枚)

f:id:tempe443:20180105140605p:plain

サー・フィンレー・マルグルトンが入っていないので2枚確定です。今シーズンはアグロシャーマンより早いデッキが海賊ウォーリアズーアグローグと3種類もいるためこのカードはめっちゃ強いです。

 

 

 

 

 

アージェントの騎兵(2枚)

f:id:tempe443:20180105140825p:plain

翡翠の爪アージェント騎兵合わせてアジュアドレイクなどが簡単に処理できるようになりました。ただ単体で見たときに処理したいヘルス2ミニオンが少ないため1枚減らしてもいいかなーと思います。

 

 

 

呪術(2枚)

f:id:tempe443:20180105141219p:plain

アグロシャーマンよりアグロが多いこの環境で序盤に溶岩爆発ミニオンでトレードするとオーバーロードでテンポロスをして負けに近いようなものです。序盤で呪文でトレードできるカードがライトニングボルトしかないのでアグロからコントロールまで除去に使える呪術が強いです。ミッドレンジシャーマン呪術と違ってテンポでどんどん打つためトワイナイトの守護者コルクロン精鋭といった中盤ミニオンも発動します。海賊ウォーリア相手だと自分ミニオンに打って守ることも出来ます。

 

 

 

 

アヤ・ブラックポー(1枚)

f:id:tempe443:20180105141639p:plain

デッキの性質上バーストダメージよりミニオンで展開する形なので採用してます。ドゥームハンマー軸ならいらないと思います。

 

 

 

 

地底よりのもの(2枚)

f:id:tempe443:20180105141854p:plain

対アグロ環境のキラーです。コントロールでも終盤で地底よりのもの炎まとう無貌のものといった奇襲をかけることが出来ます。

 

 

サー・フィンレー・マルグルトン(非採用)

f:id:tempe443:20180105142237p:plain

海賊ウォーリア相手にプリースト&ウォーリアのヒロパ

コントロール相手にハンター&ウォーロックのヒロパ

この2つが出来なかった時の弱さが半端じゃないので採用してません。

炎の舌のトーテム、呪文トーテム+メイルシュトロームのポータルが出来なくなってしまうのも難点です。唯一評価できるのはスタッツだけです。ドゥームハンマー軸でかつ地底よりのもの非採用の形なら入れても良いと思います。

 

 

 

 

精霊の爪&海賊各種&呪文ダメージミニオン(非採用)

f:id:tempe443:20170430205242p:plain

ちんけなバッカーニャ非採用

武器被りのリスクを考慮して精霊の爪も非採用

武器が少ないため南海の甲板員も未採用。精霊の爪がないためブラッドメイジ・サルノスアジュア・ドレイクも非採用。そもそもアグロ環境が多い&アグロシャーマンが減ったためアジュア・ドレイクはただテンポの遅いカードになりがちです。

 

 

 

ドゥームハンマー&岩穿ちの武器(非採用)

f:id:tempe443:20180105142928p:plain

アグロ相手には5マナ時に顔面でトレードしてる場合じゃないしレノデッキ相手にはドゥームハンマー貼った次のターンで大金持ちになれるため非採用です。翡翠ドルイドコントロールウォーリアには非常に強いカードですがそれ以上に他のデッキに対して弱すぎます。

 

 

 

各デッキのマッチアップについて

 

VS「パイレーツウォーリア」(有利)

カモです。今シーズンミッシャーではなくアグシャを使った最大の理由です。

①マリガンはミニオン引かなくてもライトニングボルトメイルシュトロームのポータルはキープする

 

ミニオン展開よりヒーローパワーを優先する

この2つを実行していれば相手のインチキムーブされなければほぼ勝てます。地底よりのもの呪術で守れるのも相性のいい理由の1つです。

 

 

 

VS「翡翠ドルイド」(有利)

序盤が遅いドルイドはこちらが普通に展開できれば相手のデッキが回る前に勝てます。炎まとう無貌のものはマルチ(未採用の型もあり)でしか処理できないのも相性のいい理由です。戦の古代樹といった挑発ミニオン呪術でトドメを刺しましょう。

 

 

 

VS「アグローグ」(普通)

呪術大地の衝撃が入ってるた巨大エドウィンされてもワンチャン勝てます。序盤はライトニングボルトメイルシュトロームのポータル精霊の爪などで除去に回って終盤地底よりのもの炎まとう無貌のものを出して勝つのがセオリーです。5マナ時に飛刀手流忍者・六丸出されたら相手のライフを減らすプランに切り替えます。

 

 

 

VS「レノメイジ」(普通)

序盤の全体除去の少なさによりミニオン展開しやすく、単体除去は動物変身のみなので炎まとう無貌のものが通りやすいので大金持ちされても勝てる試合は結構あります。レノ・ジャクソンフレイムストライクは諦めましょう

 

 

VS「レノロック」(微不利)

レノメイジと違い

①除去の多さが多い

②序盤のミニオンが優秀

のためレノロックはややきついマッチアップになります。

こちらはレノ・ジャクソンされたらほぼ勝てません

 

 

 

VS「ドラゴンプリースト」(不利)

ちんけなバッカーニャがいなくなったことにより序盤もテンポとれずそのまま中盤からトワイナイトの守護者ドラコニック諜報員といった高スタッツミニオンで展開され、そしてフィニッシュはドラゴンファイアポーションときついマッチアップになります。呪術をデッキに入れてしまったため感謝される確立も増えてしまいました(笑)

 

 

 

 

VSズー(不利)

ミッドレンジシャーマンと違いライトニング・ストームがないため序盤でテンポ取れないと返せないパターンが多いです。呪術がそんなに刺さらないのも不利な理由の1つです。マリガンで低コストミニオンライトニングボルト精霊の爪をいかにキープできるかがポイントです。

 

 

 

 

VS「ミッドレンジシャーマン」(無理)

ライトニング・ストームでこちらのミニオンが破壊され、炎まとう無貌のもの出したら呪術される上にアグロシャーマン側の呪術は刺さらないと勝てる要素がほぼありません。戦績をつけて勝率3~4割あることにびっくりしました。こちららトログゴーレムゴーレムといったインチキムーブしても普通に負けることがあります。