テンペストHSブログ

HSプレイヤー兼大会運営してます

ガジェッツァン環境を振り返る

ウンゴロ環境になる前に「仁義なきガジェッツァン(12/1)」が発売された後のラダー環境を振り返ってみます。ためになる記事というより「あ~こんな環境だったなー」と娯楽的な記事になるかと思います。

 

①環境最初期(発売から3日間ぐらい)

ミッドレンジシャーマンに飽き飽きしていた11月末。そんな中、発売当初猛威を振るったデッキは

「海賊ウォーリア」

「チンケなバッカーニア」と「海賊パッチーズ」の登場で異次元の速さで相手を殴るデッキ。4~5ターンでライフ30削る事も

 

翡翠ミッドレンジシャーマン」

トログゴーレム→翡翠育成と序盤から終盤まで安定してるデッキ。シャーマンは引き続き環境に居座る事に

 

「レノロック」

「カザカス」の登場で注目を浴びたデッキ。ヒーローパワーとレノ・ジャクソンと相性が抜群。「大金持ちになれるぞ」は多くのHSプレイヤーを悩ませた。

 

の3つが主流に。「ドラゴンプリースト」「翡翠ドルイド」「ミラクルローグ(海賊無し)」と言ったデッキは海賊に勝てないという理由から中堅デッキ止まりとなってしまった。

 

 

 

翡翠蓮、海賊に魂を売る(12月中旬)

海賊の速さに対抗するためシャーマン、ローグがチンケとパッチーズを採用し始める。海賊ウォーリアをTier2に落ちるまでメタられた。

 

「アグロシャーマン」

元々海賊には相性良く、レノロックに対してはレノを出す前に勝負をつける事ができるため大流行する。本日に至るまで環境トップに居座る。

 

「ミラクルローグ」

今まで速さに欠けたミラクルローグだがに海賊を入れ序盤を制圧する事に。1ターン目にチンケを出すと相手はヘルス2の処理が難しく、2ターン目にヒロパで3/2が完成と競売人までテンポを取ることが出来た。

 

 

 

 

③レノメイジ登場(12月下旬)

海賊も脅威だが海賊を一瞬で黙らせる「レノロック」も常にTier1状態。このデッキに対応する新たなコントロールデッキとして「レノメイジ」が年末から流行。アイスブロック→レノのコンボは誰にも止められない!

 

 

 

 

~12月分布~

各ヒーローの対戦比率は下記通り(自分のラダー成績より。パラディン、ハンターは環境にいないため割愛)

シャーマン    25.6%

ウォーリア    20.2%

ローグ          18.5%

ウォーロック 9.8%

プリースト    9.8%

メイジ          7.8%

ドルイド      6.8%

 

 

 

 

④平和?な1ヶ月(1月)

1ヶ月が経ち環境が定まり、アグロシャーマンが常にTire1の頂点に。対抗馬として翡翠ミッドレンジシャーマン」が再度流行り始める。海賊ウォーリアは頂点に立つ事は無いが常にTier1へ。1月の各ヒーローの対戦比率は下記通り。( )は先月との順位比較。

 

シャーマン    30.5%

ウォーリア    16.3%

ローグ           15.1%

プリースト    11.7%

メイジ           11.4%(↑)

ウォーロック 8.0%(↓)

ドルイド  5.9%

 

 

 

 

⑤アグロローグ襲来(2月中旬)

環境も終盤になりこのまま同じ環境か・・・と思った所、ローグをアグロ特化した「アグロローグ」が登場。

・海賊ウォーリア、アグロシャーマン並に早い

・VSアグロデッキに巨大エドウィンするとかなり有利(止めの一撃や呪術がないため)

・事故率が低い

等メリットがありアグロローグが流行。ただし6ターン目までに勝負をつける速さはないためレノ系には弱い。

 

 

 

 

⑥六丸出張セットの巻 (2月中旬)

 

f:id:tempe443:20170406210051p:plain

アグロローグが流行り出した時期にもう1つ流行った物があります。

それは「飛刀手流忍者・六丸」が評価され始めた事です。

六丸自体処理されにくく、1回攻撃が決まると高確率で4/2(突撃)、3/3が盤面に出てくるため六丸1枚で負け確を勝ちに導く事が出来ます。

「六丸」「ブルーギルウォリアー」「マーロックの戦隊長」の出張セットはローグを始め、ウォーリア(海賊)、シャーマン、ウォーロック(zoo)などにも入る程です。

 

 

 

~2月分布~

シャーマン 36.2%

ウォーリア 13.8%

ドルイド 12.7%(↑)

ローグ 10.9%(↑)

ウォーロック 10.2%(↑)

メイジ 7.6%(↓)

プリースト 7.5%(↓)

時が経つにつれてシャーマン率が高くなります。ドルイドが多いのは自分だけでしょうか?

 

 

 

⑦シャーマン、ついにTier2へ(3月上旬)

「チンケのバッカニーア」「精霊の爪」弱体化により何が流行ったでしょうか?

答えは↓

f:id:tempe443:20170405223843p:plain

また君か・・・壊れるなぁ・・・

チンケ、爪弱体化によりアグロシャーマンが一時期環境から去り、アグシャーと相性が良くなかった「海賊ウォーリア」「アグロローグ」が環境トップへ。

上記2種デッキに相性のいい「レノロック」、環境に追いついてきた「ドラゴンプリースト」「翡翠ドルイド」、爪が無くともカードパワーが高い翡翠ミッドレンジシャーマン」も流行りました。そしてついにシャーマンがTire2に落ちる事に。大会でもシャーマンを使用しないプレイヤーが出てきました。この時期に開かれたヒロイック酒場は

 群雄割拠な環境だったと思います。僕はこの時期からアグロシャーマン使ってました

 

 

 

⑧アグロシャーマン再流行(現在)

f:id:tempe443:20170406210041p:plain

ヒロイック酒場が終わった2月中旬、「黄昏の槌」を採用した「アグロシャーマン」が大流行。精霊の爪は2マナによりなかなか思った通り発動できず、ドゥームハンマーは環境に合わないため採用は見送られました。そこでオーバーロードが無くバーストダメージが出せる「黄昏の槌」が採用される事になりました。「翡翠ミッドレンジシャーマン」以外の環境デッキに5分以上の勝率が出せるのもこのデッキの魅力の一部です。

翡翠ミッドレンジシャーマン」以外の環境デッキには5分以上勝てるのも大流行した理由の1つです。

 

 

 

 

~3月分布~

ウォーリア 21.9%(↑)

シャーマン 20.6%(↓)

ローグ 14.8%(↑)

ウォーロック 14.7%

ドルイド 13.5%

プリースト 6.4%
メイジ 6.4%

 

 

この4ヶ月間も

シャーマンが最強

でしたね。それでは良いウンゴロライフを!