テンペストHSブログ

HSプレイヤー兼大会運営してます

テンポローグの自由枠について

今回はテンポローグの自由枠について書きます。

必須カードではないけど比較的採用率が高いカードは下記通りです

f:id:tempe443:20171107232820p:plain

 

 

 

 

腹裂き

f:id:tempe443:20171107233552p:plain

 バーストダメージにも挑発除去にも使える便利なカード。カード単体欠点らしい欠点はありませんがケレセス公爵のカードパワーが高すぎるため採用を見送られるケースが多いです。また今環境では体力4より体力5のミニオン*1が多いのも採用されない原因でもあります。

 

①バーストダメージを増やしたい

②挑発を突破したい

ケレセス公爵に頼りたくない(引きを安定させたい)

 

等の理由があれば採用してもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タール・クリーパー

f:id:tempe443:20170526215337p:plain

こんなデッキに強い!:テンポローグ、アグロドルイド、デーモンズー、進化シャーマン

 こんなデッキに弱い!:プリースト、翡翠&ビッグドルイド

 

VSアグロデッキに対しては説明不要の強さですね。他にも獰猛なヒナ蒐集家シャクを守れるのもポイントです。VSコントロールデッキには打点にならない他、ドルイド拡がりゆく虫害を増やす原因になってしまうので採用していないプレイヤーも稀にいます。獰猛なヒナ、ビタータイド・ヒドラ、蒐集家シャクのいずれを採用するテンポローグなら考え無しで採用してもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

南海の船長

f:id:tempe443:20171108000741p:plain

こんなデッキに強い!:テンポローグ、ズー、進化シャーマン

 こんなデッキに弱い!:ゴラッカ・クローラーの入っているデッキ

 

このカードを出すと海賊パッチーズが2/2突撃で出てくるのは有名ですね。このカードも高確率で採用されていますが採用を見送られる主なパターンは

 

①中盤以降はただの3/3になりやすい

ゴラッカ・クローラーの被害を受けやすい

 

の2つです。ビッグドルイドが増えた影響で獰猛なヒナの方が強い状況が多いのも見送られる理由の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

獰猛なヒナ

f:id:tempe443:20171108001936p:plain

こんなデッキに強い!:プリースト、翡翠&ビッグドルイド、クエストメイジ

 こんなデッキに弱い!:アグロデッキ全般

最速でこのカードを出せばドルイド自然の怒り、プリーストの密言・痛がなければこのカード1枚で勝負が決まるカード。このカードの弱点は相手に先にテンポを取られた場合ただの3/3になってしまうのがネックです。特にローグミラーでは「刺客からの一刺し+ヒロパ」「SI:7諜報員+ヒロパ」でテンポを取られてしまうのが弱みです。タール・クリーパーサロナイト鉱山の奴隷を入れてるならヒナも守りやすいので採用してもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒐集家シャク

f:id:tempe443:20171015115910p:plain

こんなデッキに強い!:テンポローグ

 こんなデッキに弱い!:アグロドルイド

手札を増やせる他、6ターン目に彼を出せばボーンメアの効果をほぼ確実に発動できるのがポイントです。現状スタンダード環境で「汎用性が高く」かつ「ボーンメアの挑発がつけられる」隠れ身ミニオンが彼しかいないのもポイントです。*2

また、VSコントロールデッキにおいては彼に除去を打たせ、獰猛なヒナコバルト・スケイルベインを通すプレイングもあります。加えるカードがランダムなためミラー以外の相性に差は少ないですがVSアグロドルイドに対しては3ターン目に出すのはテンポが間に合い可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペルブレイカー

f:id:tempe443:20171108005502p:plain

こんなデッキに強い!:遅めのメイジ、ビッグプリースト

 こんな状況に弱い!:挑発&バフのかかったミニオンがいない時

 

・VSテンポローグ:ボーンメアエドウィン・ヴァンクリーフ

・VS翡翠&ビッグドルイド:挑発ミニオン全般

・VSアグロドルイド蟲のドルイド、クリプトロード

 

など幅広く使えるカード。クエストメイジなどの遅めのメイジに対しては週末預言者の他、凍結のかかった味方ミニオンを沈黙させて予想外のリーサルを狙えたり出来ます。デメリットはバフのかかったミニオンがいなかったり、VSコントロールデッキにおいて序盤に腐ったりと色々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蠱毒なザリル

f:id:tempe443:20171108011157p:plain

 このカードの魅力は1マナの呪文がミニオンに加えられるためヴァイルスパイン・スレイヤーSI:7諜報員のコンボ要因になるのが魅力です。

デメリットは4マナで3/2という貧弱なスタッツを置く事になるのでVSアグロデッキにおいてテンポを取られたり、VSコントロールデッキでもたいした火力にならないため中盤以降で巻き返されやすい事です。便利なカードではありますが早さ重視のテンポローグとはイマイチ相性が合わないため採用を見送られるケースが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躯の駆り手

f:id:tempe443:20170828205545p:plain

聖なる盾&挑発&疾風がついた躯の駆り手が強いのは言うまでもないですね。

このカードの問題点はスタンダード中立で聖なる盾ミニオンアージェントの司令官アージェントの従騎士)が弱い事です。

また疾風ミニオンストームウォッチャーはVSプリーストに対してはカード1枚で対処する事が出来ずとても強力ですがVSアグロデッキでは7ターン目に置いたところで無視でリーサルorミニオンでトレードされるパターンが多いため弱いケースが多いです。カード単体では優秀ですが効果を発動させるパートナーが少ないため採用が見送られるパターンが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーアン・ブラッドフーフ

f:id:tempe443:20171031011525p:plain

こんなデッキに強い!:プリースト

 こんなデッキに弱い!:ビッグ&翡翠ドルイド

 

ボーンメアに繋げるパートナーとして非常に採用率の高いカードです。五分~有利な状況ではとても活躍しますが、不利な状況では使えないパターンが多いとメリットデメリットが非常にわかりやすいカードでもあります。ミラーでよほど不利な状況でなければケーアン→ボーンメアのムーブで一発逆転も可能です。翡翠&ビッグドルイドの場合は4打点がそこまで脅威ではないためマナ加速からの究極の侵蝕を打たれて負けるパターンがあります。

 

 

 

 

 

苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆

 

 

*1:コバルト・スケイルベイン、縛鎖のラザ、コガネムシなど

*2:蓮華凶手は自動で隠れ身が付いてしまうためボーンメアと相性が悪い