クエストローグマリガンガイド(ウィッチ環境版)

f:id:tempe443:20180603170249p:plain

今回の記事はクエストローグのマリガンガイドです。

 

今回はウィッチ環境で初めて獰猛なスケイルハイドを採用して結果を残し、4月NA50位フィニッシュできたにんさんに監修して頂きました。

 原文・デッキ使用者:にん

twitter.com

 

編集:テンペスト(い つ も の人)

 

 

 

 

 

 

 

マストキープ①

若き酒造大師、ゴルゴンゾーラ、ソニア・シャドウダンサー影隠れはどの相手でも1~2枚キープ

クエストローグはミニオンを手札から出して手札に戻すのが戦術です。そのためミニオンを手札に戻すカード(バウンスカード)であるこの4枚はキープします。理由は単純でこの4枚以外ないためバウンスカードが引かない事故を防ぐためです。

 

 

 

 

 

マストキープ②

ファイアフライ、炎成のエレメンタルは1枚キープ

 

ファイアフライは1マナで1/2を序盤から2体置けるため盤面を制圧できるのは勿論、ファイアフライ(本体)はミニオンの処理に使いフレイムエレメンタル(サーチ先)をクエスト達成に使うなど幅広い活躍ができるためどんな相手でも1枚はキープしましょう。2枚キープするとバウンスカードが引けない事故を起こす可能性があるため手札がよくなかったら1枚だけで十分です。盤面制圧のためにフレイムエレメンタルを出しても(=クエスト達成目的ではない)後に火成のエレメンタルを引けばフレイムエレメンタルでクエスト達成できるため状況を選ばずファイアフライは活躍できます。

火成のエレメンタルフレイムエレメンタルを2体加えるため純粋に必要なバウンスカードを1枚減らせるためクエスト達成しやすくなるため1枚キープします。

 

 

 

 

 

セットキープ①

ソニア・シャドウダンサー+突撃ミニオン1枚

ソニア・シャドウダンサーと突撃ミニオンを組み合わせるだけでクエストをいっぱい進めるためマストキープです。言い換えれば必要とするバウンスカードを減らせるためとも言えます。また突撃ミニオンとセットでなくてもソニア・シャドウダンサー影隠れを発動するだけで4マナで3カウント進められ、6マナで0からクエスト達成できるため対策不能なインチキムーブを仕掛ける事も出来ます(ソニアと突撃ミニオンが1マナになるため)

 

 

 

 

セットキープ②

擬態の卵+段取り

 

3ターン目に行動する事が少ないクエストローグにおいて実質0マナでキーパーツを引けるのは非常に強力です。序盤はどれを引いてもハズレにならないためこの2枚は積極的にキープしましょう(逆に言えば終盤は段取りをコピーしたら腐る)。ただVSコントロールデッキ等の場合はには段取りは使わず擬態の卵だけ使いましょう(残した段取り退散等に使う)

 

 

 

 

 

セットキープ③

段取り+退散(アグロデッキのみ)

※アグロデッキとはパラディン、性悪ドルイドなどミニオンを複数展開するデッキの事

 

クエストローグの主な負け筋はクエスト達成される前にミニオンを大量展開されヒーローの体力を減らされる事です。それを段取り+退散を組み合わせると3マナで盤面をリセットできるので非常に強力です。また、4マナ以上あればクエストを進めるミニオンを出してから段取り+退散を打つことでクエストを進めつつ盤面をリセットできるため必要なバウンスカードを減らす事が出来ます。とはいえVSコントロールデッキの場合はミニオンを複数展開してこないためただのバウンスカードになりがちなのでこのセットのキープはVSアグロデッキのみとなります

 

 

 

 

 

テクニック集

①どのミニオンでクエスト達成するか?

VSアグロデッキは1マナミニオンが基本、VSコントロールデッキは1マナミニオンの他に初級エンジニアも視野。クエスト達成するためなら攻撃できない状況だろうが突撃ミニオンで達成する事も当たり前。2枚若き酒造大師獰猛なスケイルハイドを引いてしまったらこれらでクエスト達成することもある。

 

②路線変更する事もある

最初はファイアフライでクエスト達成する予定が途中でソニア・シャドウダンサー+突撃ミニオンを確保できたり、最初は初級エンジニアでクエスト進めてたが擬態の卵ファイアフライを引いてきたなどクエスト達成するミニオンを途中で変更する事もある。1度クエストを進めたミニオンに拘りすぎるのはNG

 

③バウンスカードでゴルゴンゾーラや若き酒造大師を戻すことも

マナが余っているならクエスト達成するミニオンとバウンスミニオン(ゴルゴンゾーラ若き酒造大師など)が揃っている場合はバウンスミニオンを影隠れ等で戻す事がある。理由は2/3や2/2を1体でも多く残せるためためVSアグロデッキに対して延命できるため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッチアップ

VSパラディン

f:id:tempe443:20180409134318p:plain

パラディン全般:不利
相手の横展開に追い付いていくためにこちらもミニオンを横に並べていく、
達成を狙っているミニオンでも割りきって展開する場合もある偶数パラディンは奇数パラディンよりは時間がもらえる印象

 

VSドルイド

f:id:tempe443:20180409182943p:plain
性悪ドルイド:有利
展開がそこまで早くないので有利
性悪なる召喚師で出てきたミニオンはグレイシャル・シャード退散で対応しよう

挑発ドルイド:有利
こちらも展開が早くないので有利
退散昏倒を断末魔ミニオンに切るときは相手の手札枚数にも注意する
相手の手札が10枚を越えている場合バウンスされずに破壊されてしまう
(退散は先にでたミニオンから戻るため出た順番も覚えておくとよい)

 

VSウォーロック

f:id:tempe443:20180408090013p:plain

各種ウォーロック:有利
ウォーロックはそんなに展開は早くないので有利。ドルイドと同じように退散昏倒を切るときは相手の手札枚数にも注意すること。ヴォイドロードは普通に手札に戻しても、再度召喚されてしまうことが多いので割ってから退散を切ることが多い

 

VSプリースト

f:id:tempe443:20180409172515p:plain

コントロールプリースト:有利

クエスト達成後あまりに攻めすぎると心霊絶叫影狩アンドゥインで盤面壊滅するため攻めすぎに注意。影の幻視で発見したカードがなかなか使われない時は思念撃破で空の盤面からバーストダメージを出される事があるためヒーローパワーでミニオンを処理する時は体力に注意する。逆に言えばそれ際注意すればかなり勝ちやすい

VSウォーリア

f:id:tempe443:20180408082254p:plain

コントロール系ウォーリア:有利

急襲ウォーリア以外は全て有利。開幕相手が投了まである。達成するのは余裕なのでミニオンを切らさないように戦う。乱闘を打たれても再展開できるようにで三体以下で攻めていくといい。クエスト達成後段取りがきても退散と絡められる場合があるので擬態の卵等にすぐ切らないこと

 

VSローグ

f:id:tempe443:20180409152525p:plain

クエストローグ:五分
ぶん回った方が勝つが、クエスト達成前の盤面をどれだけとれているかも重要。ナイフの雨二回以外だとファイアフライフレイムエレメンタルは破壊されにくい。ソニア・シャドウダンサーは全部相討ちになる関係上達成後もかなり強いためできればソニア・シャドウダンサー以外で達成できたほうが嬉しい。相手がソニア・シャドウダンサー影隠れで戻された時は無暗にミニオンを残さないようにする事。

奇数ローグ:不利
手札から簡単にダメージが出せるので顔にもらいすぎないようにする
ヘンチクランのゴロツキや武器を止めるためにグレイシャルシャードをキープする

 

VSハンター

f:id:tempe443:20180408045029p:plain

奇数ハンター:不利
こちらも顔にもらいすぎないようにする
基本的に序盤から盤面を取りに行くが終盤は猟犬を放てをケアできるとよい

 

VSメイジ

f:id:tempe443:20180409143518p:plain
秘策メイジ:不利
呪文相殺でクリスタルコア(クエスト達成後の呪文)を打ち消されないように注意。爆発のルーンもあるため達成を狙っているミニオンで踏みに行かないようにする。それを考えつつ盤面のミニオンにも対応しなければならないので、かなり厳しいマッチ

 

コントロールメイジ:有利
こちらもウォリアー同様ミニオンを切らさないように立ち回る

 

 

 

 

 

 

 

以上です。苦情・意見・感想等は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆