テンペストHSブログ

HSプレイヤー兼大会運営してます

翡翠ドルイドのマリガン入門ガイド

f:id:tempe443:20170821224031p:plain

今回は翡翠ドルイドの初歩的なガイドについて書きます

新環境になってランク3から19勝6敗でレジェンド90位まで到達しました。使用したデッキレシピは下記通り

 

f:id:tempe443:20171211114428p:plain

 

最近ですと枝分かれの道が入った構築もありますが細かい構築は今後の環境によって変わっていくでしょう。ここ数日で翡翠ドルイドの注目が浴びてラダーの出現率も増えるでしょう。そこで「使ってみたいけど不安・・・」「使ってるけどなかなか勝てない・・・」という方の少しでも役に経てるように採用されている主要カード1枚1枚の使い方に関して書いていきます。なおラダーにおいてヒーローだけではデッキタイプの判明が難しいもの(ウォーロックならズーoraコントロール、メイジなら秘策orコントロールなど)に関してはアグロ想定で動きます。なぜなら殆どのVSコントロールデッキにおいては相手のカードを全て使いきれば翡翠の偶像で無限にデッキ補充して勝てる可能性が高いからです。

 

※この記事で出てくる

VSアグロは   →アグロパラディン、秘策メイジ、ズーなど

VSコントロールは→ハイランダープリースト、翡翠ドルイドなど を指します 

特段記載がない限りマリガンは先攻後攻両方を指します。また以下のマリガンの方針は筆者が独断で作成したものです。人によって意見が分かれる場合がございますのでご了承ください。

 

※基準は4ランクに分けました(キープ>キープしてもいい>キープしない可能性の方が高い>キープしない)

 

 

 

 

 

翡翠の偶像

f:id:tempe443:20170929122705p:plain

<マリガン基準>

VSアグロ:1枚キープ

理由:いち早くミニオンを置いて相手のミニオンを処理したいから。後続の翡翠の開花翡翠の精霊によって翡翠のゴーレムがより巨大化すれば相手に押し切れずに勝てるパターンが多いため

 

VSコントロール:キープしない可能性が高い

理由:1ターン目の1/1のゴーレムを召喚しても中盤以降において相手のカード1枚であっさり返されるから。序盤は翡翠を育てるより野生の繁茂、翡翠の開花(以降序盤マナ加速と呼びます)といったカードを引きにいくことによりいち早くアヤ・ブラックポー究極の侵蝕と言った強力カードを発動できれば最終的に翡翠のゴーレムをより早く展開する事が出来るため

 

アドバイス

発動時の選択ですがVSアグロにおいては2枚とも召喚VSコントロールにおいては1枚目は召喚→2枚目は埋めるパターンが多いです。理由としましてはVSアグロにおいてはデッキ切れまで戦う事はまずないので先にどちらが押し切るかの勝負になるためです。VSコントロールにおいては例外*1がなければデッキ切れまで戦うパターンが多いため2枚目は埋めます。終盤の1マナ約10/10のゴーレムが強いのであって序盤で翡翠の偶像を複数引いてもたいした戦力にならないため1枚目は埋めます。なおVSプリーストにおいて1ターン目に翡翠のゴーレムを出すとノースシャイアの聖職者苦痛の侍祭などでドローされる発動しない方がいいでしょう。

 

 

 

 

野生の繁茂

f:id:tempe443:20171211122208j:plain

VSアグロ:複数キープ

VSコントロール:複数キープ

 

 

アドバイス

いかにこのカードを引けるかが勝利の鍵といっても過言ではありません。言っちゃえば翡翠のゴーレムが育ってなくても魔蝕の病霜マルフュリオン究極の侵蝕さえ発動できれば勝てる試合も多いためです。1ターン目のコイン+野生の繁茂をするかしないかは2ターン目(3マナ時)にヒロパを押さなければやるべきです。

 

 

 

 

自然の怒り

f:id:tempe443:20171211122956p:plain

VSアグロ:1枚キープ

理由:序盤からミニオンを展開する方法がないためいかに序盤を耐えるかがポイントです。1体でもミニオンを多く減らして中盤以降に備えましょう

 

VSコントロール:キープしない

理由:中盤~終盤まで使えないパターンもあるためこのカードをキープするぐらいなら他のマナ加速カードを探しましょう

 

 アドバイス

VSコントロールにおいてマナが余ったら味方ミニオンに1ダメージを与え1ドローしより強力カードを探すのも手です。

 

 

 

 

翡翠の開花

f:id:tempe443:20171211123610p:plain

VSアグロ:複数キープ

VSコントロール:複数キープ

 

理由は野生の繁茂と同じです。1マナ増えようが強力な事に変わりません。

 

 

 

 

なぎ払い

f:id:tempe443:20171211123854p:plain

VSアグロ:野生の繁茂翡翠の開花を確保できてればキープしてもいい

理由:翡翠ドルイドは序盤に除去&マナ加速&翡翠を育てるを同一ターンではできないため前もってマナ加速か翡翠を育てる必要があります。序盤に除去を持つ理由は自然の怒りと同様です。

 

VSコントロール:キープしない

理由は自然の怒りと同様

 

 

 

アドバイス

VSアグロパラディンにおいてなぎ払いを打つタイミングは動員を打たれてからにしましょう。大量展開されると拡がりゆく虫害がない限り負けてしまうパターンが多いからです。

 

 

 

 

 

ファンドラル・スタッグヘルム

f:id:tempe443:20171211125005p:plain

VSアグロ:野生の繁茂があればキープしてもいい

VSコントロール:キープしない可能性が高い

理由:以前は「練気ファンドラル」といった序盤からの展開がありましたが今は最速で彼を出す事が出来ないため自然の怒り滋養と同一ターンに出す事が多いためです。

 

アドバイス

VSアグロにおいて選択カードが無くても4マナ時には積極的に出しましょう。相手からしてみたら次のターン滋養を打たれたら負けなので必死に除去してきます。つまりミニオンを展開できないので中盤以降翡翠ドルイド側がテンポ取れる可能性が増えます。VSコントロールにおいてはリーサルが近いを除いては素出ししません。

 

 

 

 

 

古代地の番人

f:id:tempe443:20170822013435p:plain

VSアグロ(先攻):野生の繁茂自然の開花が確保できれば1枚キープ

VSアグロ(後攻):1枚キープしてもいい

理由:先攻の場合マナ加速がコンセプトですが3ターン目までずっとヒロパで4ターン目に彼を出した所で次6マナで翡翠の巨像でも出さない限り押し切られるパターンが多いから。後攻はコインで1ターン早く3/3を置きつつマナ加速が出来るため序盤のミニオン処理に回れるためとりあえずキープしてもいいかもしれません

 

VSコントロール:複数キープ

理由:序盤からミニオンを攻めてこないため先に3/3を置きつつマナ加速できるため盤面でもマナ面でも翡翠ドルイド側がテンポ取る事ができます。非常に有利な状況を作る事が可能です。

 

 

アドバイス

選択は10マナ溜まってる時を除けばほぼマナ加速してもいいでしょう。次のターン行動する事がなくても引き次第では魔蝕の病霜マルフュリオン究極の侵蝕を1ターン早く打てるため今持っている手札だけで決めないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

翡翠の精霊

f:id:tempe443:20171031021549p:plain

VSアグロ:野生の繁茂自然の開花が確保できれば1枚キープしてもいい

理由:上記のカードどちらかがあれば序盤から翡翠を育てつつミニオンの処理に回れるから。とはいて3ターン目までヒロパで4ターン目に彼を出しても押し切られるパターンが多いです(古代地の番人と違ってコインを使わない限り次のターン翡翠の巨像が出せない)

 

VSコントロール:キープしない

理由:序盤で翡翠のゴーレム1/1や2/2を作るぐらいならマナ加速をして魔蝕の病霜マルフュリオン究極の侵蝕を発動した方が強いから。翡翠を育てるのは中盤以降で一気に出来るのも理由です。

 

 

 

 

滋養

f:id:tempe443:20171211132729p:plain

VSアグロ:野生の繁茂自然の開花が確保できれば1枚キープしてもいい

理由:後々6マナ以降のカードを引けた時に最速でマナ加速をすればそのまま勝てる可能性があるから。

 

VSコントロール(先攻):1枚キープ

VSコントロール(後攻):1枚は確定。2枚目はキープしてもいい

理由:序盤に攻められる心配がないため5ターン目にマナ加速をしても十分間に合うため。後攻の場合コインで1ターン早くマナ加速できるため2回マナ加速でもマナ加速→ドローといった幅広い選択が出来るためです。

 

 

アドバイス

選択に関してですが次のターンの行動プランが無い時は無闇にマナ加速をするのはやめましょう。ビッグドルイドみたいにマナ加速をしないとミニオンを置けないデッキとは訳が違います(=マナ加速をしなくても翡翠は育てられる)。マナ加速→次のターンヒロパのみをするぐらいならドローして強力カードを探したり、そもそも滋養を打たず翡翠を育てたりミニオン除去するのも手です。

 

 

 

 

アヤ・ブラックポー

f:id:tempe443:20171211133657p:plain

VSアグロ:野生の繁茂自然の開花と言ったムーブが出来ればキープしてもいい

補足:基本的にキープしないという解釈でいいです。物凄く手札がいい時は少し考えましょう

 

VSコントロール(先攻):序盤マナ加速カードが2枚あればキープしてもいい

VSコントロール(後攻):野生の繁茂自然の開花があればキープしてもいい

補足:VSアグロと違ってキープするハードルは下がります。翡翠を育てつつ打点を出せるため盤面でも優勢になれるためです。

 

 

 

 

翡翠の巨像

f:id:tempe443:20171211134854p:plain

VSアグロ:野生の繁茂自然の開花と言ったムーブが出来ればキープ

補足:本体に挑発が付くためアヤ・ブラックポーよりはキープ率が上がります。翡翠が1/1でも3/6挑発だけで十分強力です。

 

VSコントロール:キープしない方が高い

理由:挑発が意味をなさない上にアヤ・ブラックポーと違って断末魔で翡翠のゴーレムが育たないためです。よほど手札がいい時のみキープするか考えましょう。

 

 

 

 

拡がりゆく虫害

f:id:tempe443:20171115181437p:plain

VSアグロ:相手がパラディンでかつ野生の繁茂自然の開花と言ったムーブが出来ればキープしてもいい

理由:パラディンのヒロパの性質上攻撃力1ミニオンを複数展開してくれるため序盤マナ加速できればキープしてもいいかもしれません。他のヒーローに関してはマナ加速をしてもミニオンを並べない戦術が出来るためキープしません。

 

 

VSコントロール:キープしない

補足:キープどころか試合中使うか怪しいレベル

 

 

アドバイス

詳しいことは

「拡がりゆく虫害」攻略法 - テンペストHSブログ

をご覧ください。(想定デッキは騎士団環境のものになります)

 

 

 

 

魔蝕の病霜マルフュリオン(DK)

f:id:tempe443:20171211140340p:plain

 VSアグロ(後攻):野生の繁茂&滋養のセットのみキープ

補足:1ターン目何もしない→野生の繁茂コイン滋養DK。VSアグロにおいてはこれ以外でキープするパターンが思いつかないです。これできれば勝ちですね(白目)

 

VSコントロール:マナ加速→滋養が出来ればキープしてもいい

補足:VSハイランダープリーストにおいて序盤からひたすら装甲を貯めればまず負けません。なお9マナ以上時に戦利品クレクレ君等体力1ミニオンをヒロパで処理する時はヒロパ→DKの順番で行いましょう(装甲が1付くため)

 

 

 

 

究極の侵蝕

f:id:tempe443:20170822004754p:plain

 VSアグロ(後攻):野生の繁茂&滋養2枚の場合のみキープ

補足:DKより確率低いです。まさに天和

 

VSコントロール(先攻):キープしない

VSコントロール(後攻):滋養を含む手札が全てマナ加速ならキープしてもいい

補足:後攻の場合は他の手札が凄くよければ意外と高確率でキープします。おそらく10マナ溜まるまで1回はヒロパのみのターンが出てきますが問題ないです。

 

 

 

忘却王クン

f:id:tempe443:20170826184958p:plain

VS全てのデッキ:キープしない

理由:いくら10マナまで理想のマナ加速が出来たとして彼を出した後10マナ分の行動が出来るか怪しいので素直に別のカードを探しましょう

 

 

 

 

 

 

苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆

 

 

 

 

 

~おまけ(マリガン記事とは関係ありません)~

現在ハースゲーマーズ様の方で↓

 

【招待制大会】第三回ハースストーングランプリ開催 | ハースストーンデッキ検索 HearthGamers

 

という企画が行われています。中間発表の段階で私は26票の約40位でした。流石に今から上位16位を目指すのは無理ですが私はより上位を目指しております。まだ投票されていない方がいらっしゃいましたら是非「テンペスト」に1票お願いします。

*1:序盤で他の翡翠カードで展開できてかつ最速で究極の侵蝕を打てる、次のターンで決着をつけるなど

そのカードの評価に一言!(コボルトと秘法の迷宮編)

f:id:tempe443:20171206131926j:plain

 

今回は新拡張「コボルトと秘法の迷宮」において私(=筆者)と世間で評価が分かれるカードについて書きます

まず私が評価したカード一覧は下記通りです。

 

f:id:tempe443:20171206131954p:plain

 

偶然にも好評価のカードは世間と変わらないですね。低評価のカードに関しては5枚程意見が食い違うものがありました。赤字になっているカードは世間では評価の高めのカード達です。今回はこの5枚のカードについて詳しく書いていきます。

※偶然低評価のみのカードになっただけでネガキャン(=カードを使って欲しくない)をしたいわけではないのでご注意ください

 

 

 

 

コボルトの司書

f:id:tempe443:20171206132446p:plain

私の評価:☆☆

1マナ2/1で1ドローとマナコストにしては間違いなく仕事をするカード。しかしこのカードが入るデッキは間違いなくズーと呼ばれるアグロデッキになります。そして今のズーにおいて本当に彼を入れるのか?という疑問が生まれてきます

 

炎のインプ、ヴォイドウォーカー、マルシェザールのインプと言った優秀な1マナミニオンが沢山いる。これ以上1マナを増やすと中盤以降弱くなるし上記3種カードを抜いてまで入れるパワーはあるのか?

 

②1/2/1というスタッツは1ターン目に出すべきスタッツではない。とくに後攻の場合メイジ、ローグ、ドルイドと言ったヒーローパワーであっさり処理されてしまう。マーロックのダチ公みたいに生き残ればバフがかかるミニオンでもない(=種族がない)

 

 

以上の事からマリガンで残すべきカードでもないためズーであっても採用されないのであろう。現状アグロ系のデッキである秘策メイジにおしゃべりな本が採用されていないのと近い理由だろう。

 

 

 

ヴァラニ

f:id:tempe443:20171206133509p:plain

 私の評価:☆

4/2武器はおそらく4マナ相当の武器だろう。となると効果は2マナ程。でも本当にそうでしょうか?

 

①まず効果が断末魔である点。最速6ターン目で装備した所で普通に使えば8ターン目にバフがかかる。つまり8ターン目にバフのかかったミニオンが出せるわけです。中盤以降になれば高スタッツミニオンが出されても簡単に処理されるのはご存知でしょう。

 

上記の説明に加えアグロデッキに6ターン目は盤面を制圧したい頃。そんな時に4/2の武器を装備している状況なのか?それなら同じ6ターンで発動できる剣竜騎乗の方がその場で盤面を制圧できるし、断末魔でステトゴンが出るから中盤以降も盤面を制圧しやすくなります。はたして6マナカードを2種入れる枠はあるのでしょうか?

 

③それならコントロール系(またはそれに俗するデッキ)に入れれば?と思うわけだがコントロール系のパラディン平等+聖別アルダーの平和の番人で敵ミニオンを対応してから大型ミニオンを展開するデッキになります。大型ミニオンでも十分強いのにバフをかける意味があるのか?それなら他にメタカードを入れたほうがよさそうですね。

 

 

 

 

 エメラルドの小呪文石

f:id:tempe443:20171206134747p:plain

私の評価:☆

このカードに書いてある事は強い。アップグレードしなくても4マナ以上の仕事はしてくれるでしょう。だがそもそもシークレットハンターが次の環境で存在しているのか?という点で星1個の評価にしました。何をもって星の評価をつけるかは差はあると思うが私は環境で使われなければ星1個の評価をつけるため今回はこのカードにも星1個の評価をつけました。ハンター版魔法学者が登場してくれれば速攻星4になるでしょう。

 

 

 

 

ざわめきのエレメンタル

f:id:tempe443:20171206135319p:plain

私の評価:☆

f:id:tempe443:20171206141945p:plain

かつて活躍していたブラン・ブロンズビアード(以降ブラン)を想像するカード。しかし彼はブラン程仕事をしてくれるでしょうか?

 

①同一ターンのため行動が縛られる。これはブランの時は出来たとりあえず前のターンにおいて相手に除去を強要させるという戦法ができない。となるとコンボ前提のカードとなるため腐りやすくなってしまうでしょう。

 

上記の説明に加えて2/1/1という貧弱なスタッツ。ブランは3/2/4あったため効果無しでも最低限の仕事はしてくれました。しかし彼は戦闘においてはほぼ無力。①同様コンボ前提のカードとなってしまう可能性が高いです。

 

これらより採用が見送られるパターンになるかと。エレメンタルシナジーを使いたいならファイア・エレメンタルで十分かと

 

 

 

 

 

 

 

 

世界揺さぶるグランブル

f:id:tempe443:20171206140048p:plain

私の評価:☆

まずこのカードと語る前に次環境でエレメンタルシャーマンがどう戦うべきかを書かなければならなりません。おそらくハイランダープリースト、翡翠ドルイド、クエストメイジと言ったデッキを全部めくったら勝てるデッキが生き残るだろう。そうなるとエレメンタルシャーマンはコントロール軸(=相手のカードを使い切ってから戦う)よりライトニングストーム炎の舌のトーテムなどを入れミッドレンジ型になると想定されます。ミットレンジとなるとある程度ミニオンの展開が必要。VSアグロにおいて自分から盤面を減らすのはよろしくないし、VSコントロールにおいては都合よく他ミニオンが盤面に残りつつこのカードが手札にあるとは考えにくいです。どちらにしてもオーバーキル(やりすぎ)感がでてしまう。それであれば素直に進化シャーマンの方がよさそうだ。

 

 

 

 

 

と今回は5種のカードについて語りました。仮に外れた時は・・・ごめんなさい(笑)

 

 

 

 

苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆

騎士団環境総評(出現率ランキング)

f:id:tempe443:20170828211634p:plain

今回は騎士団環境中におけるランク戦の出現率のランキングを発表します。

今回はゲストとしてリッチキングをお呼びします!

 

 

リッチキング:よく来たな、生者ども。私こそが「凍てつく氷の騎士団」を象徴するリッチキング様だ!

テンペストよろしくお願いします。なお、この記事で登場する人物は筆者のイメージであり公式等一切関係ありませんのでご了承ください。

リッチキング:いちいち面倒だな。そんなこといわなくてもわかるだろ

テンペストまあ、一応言っておかないとね。今回のランキングの詳細は下記通りです。

 

①集計データは筆者が回したランク戦・スタンダードの対戦相手のデッキタイプ

②集計期間は9/19~11/30(ナーフ直後から11月末まで)

③集計したランク帯は毎月10日まではランク1~5、11日以降はレジェンドと考えてください。

④集計方法は各デッキごとに「出現数÷月の合計対戦数」になります。詳細は下記画像通りです。

f:id:tempe443:20171126225623p:plain

 

 

 

リッチキング:単純な出現数のランキングでは駄目なのか?

テンペスト9月に集中して回すとハンターがより上位に、11月に集中して回すとビッグドルイドがより上位になる。そういった偏りを無くすためにポイント制にしたんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10位  秘策メイジ 出現率:2.7%

九月:7位 十月:11位 十一月:13位

f:id:tempe443:20170526204806p:plain

テンペスト序盤からミニオンを展開しつつ呪文でテンポをとる秘策メイジが10位となりました。騎士団環境ではコバルト・スケイルベインボーンメアと言った味方ミニオンを強化するミニオンを採用したタイプが多く見られました。

 

リッチキング:そこまでミニオン強化に拘る必要があるのか?

 

テンペストボーンメアは明らかにマナコスト以上にパワーがあるため現環境の場合、アグロデッキと呼ばれるデッキにはほぼ100%採用されるんだ。またこのデッキは相手が回る前にトドメをさすのがコンセプトのため、いち早く打点を出したいためコバルト・スケイルベインが採用されるんだ。環境主流のドラゴン・ファイアポーション拡がりゆく虫害と相性がいいのもポイントなんだ。

 

リッチキング:相手に盤面を処理させてる間に呪文でリーサルを狙うデッキなのか。なるほど・・・相性はどんな感じなんだ?

 

テンペストミニオンを横並べしないため、全体除去が刺さりにくいプリーストや拡がりゆく虫害の影響を受けにくいビッグ&翡翠ドルイドが有利。逆にこのデッキ全体除去を持たないためテンポローグ、アグロドルイド、デーモンズーが苦手。ファイア・フライが採用されているため鏡の住人のケアがされやすいのも苦手なポイントなんだ。

 

リッチキング:なるほど・・・。デッキパワーに関しては文句無しだけど環境上位のアグロデッキと相性が悪いためこの順位なんだな。

 

 

 

 

 

 

 

9位:ビッグプリースト 出現率:3.3%

九月:10位 十月:6位 十一月:8位

f:id:tempe443:20170826184436p:plain

 テンペスト序盤は豊富な全体除去に徹して、中盤で影の真髄永劫の隷属で8~10マナミニオンで相手にプレッシャーをかけるビッグプリーストが9位になりました。

 

リッチキング:私(リッチキング)が活躍するデッキだな。ワハハハ

 

テンペスト4ターン目(コインなら3ターン目)でバーンズを出せたらほぼ100%で勝てるのもポイントです。

 

リッチキング:最速バーンズ何回されたことやら・・・むぅ、思い出すだけでイラッとするぞ・・・

 

テンペスト全体除去が豊富のためアグロデッキの展開を阻止しやすく、ハイランダープリーストエストメイジと言ったパーツを集めるデッキに対しては先にライフを0にしやすいため環境と非常にマッチしてるんだ。

 

リッチキング:話を聞く限り完璧なデッキではないのか?

 

テンペストVSアグロデッキの場合は除去カード→影の真髄永劫の隷属の3ムーブをする必要があるからどれか引けないと相手にテンポを取られ負けるパターンが多いんだ。また影の真髄バーンズを出すとほぼ負けのため運が絡んでしまうところもあるんだ。

 

リッチキング:強い時は誰にも止められないけど弱い時は何も出来ない。安定しないためこの順位なのか。

 

 

 

 

8位  ビッグドルイド 出現率:3.5%

九月:圏外 十月:圏外 十一月:4位

f:id:tempe443:20171031022431p:plain

テンペストマナ加速をして最速で7~10マナミニオンを展開するビッグドルイドが8位となりました。

 

リッチキング:このデッキでも私が活躍するぞ。いや~忙しい忙しい!。それにしても最近のランク戦では結構見るのに意外と低い順位なんだな。

 

テンペスト自分もそう思ったよ。ただ注目されたのが最近だから9~10月の出現率はほぼ0だったからこの順位じゃないのかな。環境終盤になると翡翠ドルイドハイランダープリーストと言った大型を除去するカードが少ないからこのデッキに注目が浴びたんじゃないかな。マナ加速→巨大ミニオンのムーブが必須な上に序盤に相手が大型ミニオンを展開されると返し札がないためアグロデッキには弱いんだ。ビッグプリースト同様コンボデッキ故の回る時は回るけど、事故した時は何もできないデッキなんだ。

 

 

 

 

7位:ミッドレンジハンター 出現率:5.2%

九月:4位 十月:8位 十一月:14位

f:id:tempe443:20170430205709j:plain

テンペスト序盤はミニオンを展開して、ヒーローパワーや殺しの命令でトドメをさすミッドレンジハンターが7位となりました。

 

リッチキング:ビッグドルイドより高いのか。最近はなかなかこのデッキ見ないよな。

 

テンペストナーフ直後はハイランダープリーストがパーツを揃える前に勝つアグロデッキとしてハンターが注目されたんだ。しかし、テンポローグが流行った後は「ハンター使うならより安定するローグでよくね?」って風潮になったから出現率が下がったんだ。

 

リッチキング:そう聞くと今このデッキを使う意味はあるのか?

 

テンペストシナジーがあるためゴラッカ・クローラーが無理なく入るのがポイント。また最近はビッグドルイドが流行ってるから拡がりゆく虫害を無視してダメージを与えられるのも魅力。やっぱり横並べするアグロデッキに対して処理できないから環境とは合ってないのかなー

 

 

リッチキング:なるほど・・・アグロデッキに弱いのはハンターの宿命なんだな

 

 

 

 

 6位 進化シャーマン 出現率:5.3%

九月:6位 十月:7位 十一月:7位

f:id:tempe443:20170526210148p:plain

テンペスト序盤からミニオンを展開して中盤にドッペルギャングスタ進化でテンポを取る進化シャーマンが6位となりました。

 

リッチキング:むぅ。ハンターと同じく最近姿を見ないな。

 

テンペストそうなんだよ。ナーフ直後はハンターを狩るために活躍したんだけどテンポローグが流行ってからはハンターが減っちゃったから相対的にこのデッキも減ったんだ。ハイランダープリーストには豊富な全体除去を受けやすく、遅めのドルイドには拡がりゆく虫害のケア(=ミニオンを並べない戦法)が出来ないため環境といまいちマッチしてないんだ。

 

 

リッチキング:そうなんだよな。プリーストが多くなったのが難点だよな。

 

テンペスト最近だと翡翠の精霊翡翠の族長と言ったカードも採用され始めたから全体除去を受けても再展開しやすい構築も増えてきたんだ。

 

リッチキング:ちなみにテンポローグとの相性はどうなんだ?

 

テンペスト自分のデータだとテンポローグ進化シャーマン=44:46だからほ互角だと思ってるよ。刺客からの一刺しSI:7諜報員でテンポ取れればテンポローグの方が有利だけど、原始フィンのトーテムとかで横並べされればローグが処理出来ないからシャーマン側が有利なんだ。最近だとシャーマン側にゴラッカ・クローラーが採用されてるからシャーマンの方が有利なのかな

 

リッチキング:困ったら蟹かよ!腑に落ちないな・・・

 

 

 

 

 5位:デーモンズー 出現率:6.8%

九月:5位 十月:5位 十一月:6位

f:id:tempe443:20170929131130p:plain

テンペストミニオンを展開するお馴染みのデッキが屍山血河のグルダを入れて再登場したデーモンズーが5位となりました。

 

リッチキング:何でデーモンズーって名前なんだ?普通にズーではないのか?

 

テンペスト:ボーンメア屍山血河のグルダと言った高コストのカードを入れたデッキはデーモンズーダイヤウルフリーダーダークシャイア司書と言ったアグロに寄せたデッキをアグロズーの2タイプで分別するためなんだ。

 

リッチキング:今のズーはケレセス公爵が入るんだな

 

テンペストズーに限った話じゃないけどケレセス公爵のカードパワーは非常に高いんだ。2マナミニオンを入れない縛りはキツイけど序盤でケレセス公爵を引ければ大幅に有利にゲームを進める事が出来るんだ。言っちゃえば「全ヒーローを食う蟹」という言い方がいいのかな(笑)

 

リッチキング:ケレセス公爵とヒーローパワーと相性がいいのがグッドだな。序盤で全体除去受けても屍山血河のグルダでリソース回復できるこのデッキが最強なんじゃないのか?

 

テンペスト現実はそうもいかないんだよ。先に横展開されたテンポローグアグロドルイドと言ったデッキに対しては魂の炎がないと返せなかったり、テンポローグ刺客からの一刺しSI:7諜報員に先出された場合はキツイ試合になる。VSコントロールでもドゥームガードを出さなくてはいけない状況の時に屍山血河のグルダを破棄しちゃったりと意外と負ける試合が多いんだ。

 

 

 

 

4位:アグロドルイド 出現率:7.1%

九月:8位 十月:4位 十一月:3位

f:id:tempe443:20170526195328p:plain

テンペストウンゴロ環境の覇者のアグロドルイドが今回も活躍して4位となりました!

 

リッチキング:またお前か・・・いつまで環境に居座る気だ

 

テンペスト練気がナーフされた直後は全くいませんでしたがテンポローグと相性がいい事が判明してから流行しました!

 

リッチキング:今でも活躍しているという事だが現環境ではどんな構築なんだ?

 

テンペスト新カードでは蟲のドルイドクリプトロードは採用されたね。彼らはマナコスト以上に他のミニオンを守れるから文句無しの強さを誇っているよ。ウンゴロ環境の時にはあんまり見なかった南海の船長も今期では必須カードになったね。テンポローグにおいて2/2以上になった海賊パッチーズはヒーローパワーで処理できなくなるからアグロドルイドがテンポを取れるのが理由かな。中盤の展開にはコバルト・スケイルベインビタータイド・ヒドラのどちらかを採用しているね。両方一長一短だから好みでいいんじゃないかな。また人によってはパワー上納究極の侵蝕を入れた形も登場したね。それと・・・

 

リッチキング:待て。おまえアグロデッキを語ると長くなりすぎ!配分を考えろ

 

テンペスト・・・・

 

テンペストもうちょっとだけ。環境主流のハイランダープリーストに勝てなかったり、そもそも練気がない以上デッキパワーが(というよりドルイドのパワーが)低いため環境トップになれなかったのかな。拡がりゆく虫害を見ないと動き回るマナが打てないのもネックだよね

 

リッチキング:ふむ・・・。練気がいかに偉大だったかがわかるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 3位 翡翠ドルイド 出現率:11.1%

九月:3位 十月:3位 十一月:5位

f:id:tempe443:20170929122705p:plain

テンペスト騎士団からナーフまでは間違いなく1位だった翡翠ドルイドですがナーフ後も活躍し続け3位となりました。

 

リッチキング:練気拡がりゆく虫害がなくてもこのデッキは強いのか?

 

テンペスト練気は採用されなくなったけど拡がりゆく虫害は最速6ターン目で打ち合いカードではないから1マナ増えた所でさほど影響はないんだよね。それに究極の侵蝕は相変わらず現役だからこのカードも説明不要の強さ。VSアグロデッキにおいてはこの2枚打つだけで勝っちゃう試合もある程。

 

リッチキング:だったらみんなビッグドルイドでいいのでは・・・?

 

テンペスト最近だと翡翠を育てなくても勝てるビッグドルイドに出番を奪われがちだけどゴラッカクローラースペルブレイカー精神支配技士と言ったメタカードを入れられたり、VSアグロデッキにおいて早めに翡翠ミニオンを置けたり安定性で言えば翡翠ドルイドの方が上なんだよね。

 

リッチキング:なるほど。でも私が活躍するビッグドルイドの方がすきだな

 

テンペストそう・・・(無関心

 

 

 

 

2位:ハイランダープリースト 出現率:16.7%

九月:2位 十月:2位 十一月:2位

f:id:tempe443:20170821234140p:plain

テンペストナーフ後はハイランダープリースト1強になるのでは?と騒がれましたが蓋を開けてみたら惜しくも2位になりました。

 

リッチキング:なぜ2位なんだ?ナーフの影響もなかったのに

 

テンペストハイランダー故の事故が~とかパーツが揃わなければ~とかは今更語らなくても言いと思うから省略するね。そもそもHSのランク戦のシステムを考えると試合時間に何分かけようが1勝の価値は変わらないんだよね。そう考えた時に出来るだけ星を稼げるアグロデッキの方が効率がいいんだよね。そうなった時に多少カードパワーが下がってもアグロデッキの方が需要が高まるんだ。個人的な意見だけど現環境ではハイランダープリーストが一番だと思ってる。ハイランダー故に色んなカードを入れられるため環境にあったカードを細かく設定できるのもポイントだよね。

 

リッチキング:システムはよくわかった。お前コントロールデッキになると話を逸らそうとしてないか?

 

テンペスト・・・

 

 

 

 

 

1位 テンポローグ 出現率:19.5%

九月:1位 十月:1位 十一月:1位

f:id:tempe443:20170929120359p:plain

お ま た せ

親 の 顔 よ り 見 た ケ レ セ ス ス テ ッ プ

実 家 の よ う な ト ッ プ リ ロ イ

完 全 に 冷 血

ナ ー フ 不 回 避

 

 

テンペストというわけで予想通り1位はテンポローグとなりました。ケレセスローグとかアグローグとか色んな呼ばれ方しますがこの記事ではテンポローグと呼ぶことにします。

 

リッチキング:改めて聞くけどこのデッキの強さは何だ?

 

テンペスト刺客からの一刺しSI:7諜報員といったカードで序盤にテンポを取れやすく中盤以降はコバルト・スケイルベインボーンメアと言ったミニオンで攻めれるのがポイント。汎用性の高いローグの2マナカードが腹裂きぐらいだから無理なくケレセス公爵を入れられる所がポイントだね。

 

リッチキング:またケレセス公爵かよ・・・

 

テンペスト本当にね。ランキングでは紹介しなかったけどアグロ系のパラディンにも入るし最近だとプリーストにも彼が登場するらしいよ。どんだけ環境を試合してるんだが(笑)

 

リッチキング:やっぱり環境トップという事はどんなデッキにも強いのか?

 

テンペストそうではないよ。環境2番手のハイランダープリーストは不利だと思ってるよ。だって一度全体除去を受けたらリロイ・ジェンキンス以外空の状態からダメージ出しにくいし、コバルト・スケイルベインボーンメア影刈アンドゥインの影響も受けちゃうからね。先に回れば勝てるけどプリーストが全体除去持っていない確率の方が引くいんじゃないかな。0マナで打てる沈黙も地味にきついし。テンポローグが流行っているからこそコントロールメイジコントロールウォーロックといったデッキも中堅クラスで活躍できる理由だと思うよ。

 

リッチキング:環境トップでも苦手デッキはあるんだな。最近だと私が入ったテンポローグもあるらしいじゃないか。ワハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プレイヤーから凍てつく玉座の騎士団

ナーフ前の環境は翡翠ドルイド1強環境で「あーやっちまったなー」という感じですね。ナーフ後はいい環境だと思います。その最大の理由はデッキ選択の多さです。ウンゴロ環境ほどではありませんが環境トップのテンポローグやハイランダープリーストはそこまでデッキパワーが高くないためそれに対策するデッキ(主にアグロ)がいっぱいあるのがポイントです。よろしくない点をあげるなら

 

①デッキを全部めくったら勝てるハイランダープリーストエストメイジ、無限のリソースである翡翠ドルイド、中盤から大型ミニオンをラッシュできるビッグドルイドビッグプリーストの存在

 

 

相手のリソース切れを狙うコントロールデッキがほぼ全部中堅以下になる

 

 

 

 

ケレセス公爵の存在。彼を引く確率を考えるとそこまで高くないが引いた時の最速で引いた時の理不尽さの印象が強いためヘイトが溜まりやすい。

 

 

 

まあ完璧な環境なんて存在しないので仕方がないでしょう。今期に限った話ではないですけど楽しいか楽しくないかは結局自分が勝てるかどーかなんですよね

 

 

 

 

・凍てつく玉座の騎士団という商品からみた現環境

ウンゴロとは違いこちらも非常に成功したと思います。目玉となったデスナイトカードはコントロールデッキと呼ばれる殆どのデッキに対して採用されまさに凍てつく玉座の騎士団を遊んでいる感じがしたからです。リッチキングに関しても事前評価の段階ではやべーと思いましたが実際蓋を開けてみると炎のラグナロス程の汎用性はなかったためまあよかったんじゃないかと。ボーンメア、おめーはだめだ

 

 

 

 

 

今回は非常に長い記事となりました。最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆

 

 

 

テンペストちなみにシャイニー☆とはラ

 

リッチキング:語らんでいい。お前の話は長くなりそうだ

 

初レジェ到達者にインタビュー!

f:id:tempe443:20171122003759j:plain

 

今回は今月初レジェンド達成したカニさんにインタビューしました!

「レジェまでの道のり」や「負け続けた時の対処」などをレジェンド成り立てプレイヤーの視点から紹介していきます!以前私が記事にした

社会人がいち早くレジェンドになるには - テンペストHSブログ

もあわせてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

テンペスト:ハースストーンを始めた時期を教えてください。

 

 

カニ:「大魔境ウンゴロ」リリースした今年の4月から始めました。

 

 

テンペスト:というと今月でHS歴6~7ヶ月目という事ですね。比較的初レジェ到達早い方ですね。

 

 

カニ:そうなんですか?

 

 

テンペストツイッターを見た感じ初レジェ到達の報告はHS始めてから1年~1年半の人が多いですね。改めてHSを始めた理由を教えていただいてもいいですか?

 

 

カニ:最近遊んでたDTCG*1はアグロデッキが多くてコントロールデッキが活躍できなかったため、HSでは比較的コントロールデッキが多いと聞いたためシフトしました。

 

 

テンペスト:なるほど・・・比較的スローゲームな展開を好むタイプなんですね。私と正反対ですね(笑)。他のカードゲームのプレイ歴はありますか?

 

 

カニ:小学生~中学生の時に遊戯王とデュエルマスターを友人達と遊んでました。

 

 

テンペスト:他のカードゲームやっているとHSの乗り込みが早いと聞きますからね。初レジェ到達した時の使用デッキは何ですか?

 

 

カニエストローグビッグプリーストです。

 

 

テンペスト:おっ?意外ですね。てっきりテンポローグカザカスプリーストかと思いました。この2つのデッキを使った理由を教えていただいてもいいですか?

 

 

カニ:理由は2つありまして

①環境トップのテンポローグは対策されやすい

テンポローグと相性のいいカザカスプリーストが多い

このことからコントロールデッキ&カザカスプリーストと相性のいいエストローグビッグプリーストを選択しました。最近流行りのビッグドルイドとも相性がいいのもポイントです。

 

 

テンペスト:環境トップデッキを対策する側に回ったわけですね。ちなみにテンポローグを使わなかった理由も聞いていいですか?

 

 

カニテンポローグがブン回ってもプリーストの全体除去打たれると負ける事があったので精神的にコントロールデッキを使ったほうがいいかなと思いました。

 

 

テンペスト:デッキ選択は環境をみつつ、自分のスタイルに合わせたという事ですね。話を変えて1日のプレイ回数(時間)はどれぐらいですか?

 

 

カニ平日約4時間(約30戦)休日約8時間(約70戦)ぐらいです。プレイ時間には観戦も含みます。

 

 

テンペスト:おおっ、凄くやりこんでますね。長時間プレイするコツとかありますか?

 

 

カニ:同じHSグループ内のテンペストさん(=筆者)が今月物凄く下振れているのを見てて「僕のプレイ回数で文句言えねぇ。もっと頑張らなくちゃ」と思ったからです。レジェンドまで順風満帆ではないという事もわかり1日勝てなくても励みになりました。

 

 

テンペスト:そうですね。私は今月レジェンドまで840戦かかりましたからね(笑)。カニさんの言う通りランク3~4ぐらいまでいければ後はプレイ回数ですね。勝率51%あれば回し続ければ絶対レジェンドになれますから。問題なのは絶対諦めないという気持ちがあるかどうかですよ。ちなみに下振れた時はどうしてますか?

 

 

カニ:今日は勝てないと思った時はすぐに同じグループ内のプレイヤーを観戦するようにしてます。

 

 

テンペスト:他の人のプレイをみるのは大事ですからね。ちなみにどのような人・デッキを観戦するようにしてますか?

 

 

カニ:基本的に自分の使用していない環境主流のデッキ(テンポローグビッグドルイドカザカスプリーストなど)を見るようにしてます。全部のデッキを自分が使うのは時間的に難しいので相手を知るのには最も効率的な方法だと思ってます。

 

 

テンペスト:観戦する習慣が付いているという事ですね?

 

 

カニ:はい。昼食や休憩時間など空いた時間には観戦してます。

 

 

テンペスト:先程から「グループ」というお話が出てます何かコミュニティーに入っているという事ですね。

 

 

カニ:はい。虫害、練気ナーフ前の翡翠ドルイド全盛期にずっとハンターを使ってたですが、ドルイドのカードパワーに勝てませんでした。勝てない理由を色々考えても改善点が思いつかないため誰かに見てもらう必要があると思いました。HS仲間にコミュニティーを紹介してもらいました。

 

 

テンペスト:他の人に見てもらった結果何かわかりましたか?

 

 

カニ:自分のマリガンがワンパターンだったのがわかりました。それとデッキ選択に関しては拘りがなければ環境トップのデッキを使うのがいい事も学びました。

 

 

テンペスト:ちなみに現環境のハンターはどうですかね?

 

 

カニ:サメグマがSI:7諜報員や南海の板甲員+ヒロパで処理されたり、海賊メタのゴラッカ・クローラーは出されてもいいようにケアされるという理由でローグに勝てないため今はキツイと思います。

 

 

テンペスト:最後に私に聞きたいことはありますか?

 

 

カニ:レジェンド2桁や1桁になるコツはありますか?

 

 

テンペスト:レジェンド上位になれば環境トップデッキ(テンポローグカザカスプリーストなど)の確率が増えかつ同じ人と戦う確率も高くなるため相性の悪いデッキと戦ったら時間を置く(=同じ人と戦わない)事が大事かなと思います。

 

 

 

 

 

今回のインタビューをまとめてみると・・・

 

①使用デッキは環境トップか環境トップに有利なデッキをつかうべき

②とにかくラダー回数を増やすべき

③レジェンドまで順風満帆はありえない事を心に刻むべき

④ゲーム内の観戦を利用すべき

⑤他の人にプレイ・構築を見てもらうべき

 

 

 

苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆

 

「拡がりゆく虫害」攻略法

f:id:tempe443:20171115181437p:plain

 

今回はアグロデッキを使った時の拡がりゆく虫害の対処方に関して書きます(以降虫害と略させて頂きます)。このカードは凍てつく玉座の騎士団発売以降活躍し続けました。5マナ→6マナに変更されても現役です。「基本的な事」と「ヒーロー別の対策」の2つに分けて紹介します。

※特段特記が無い限り「翡翠ドルイド」と「ビッグドルイド」両方を指します。

 

 

 

 

 

 

基本的な事

f:id:tempe443:20170822004754p:plain

虫害は最速(6~7T目)で打たせるように立ち回る。理由は6~7マナの状態では虫害以外のプレイが出来ないため一度打たされてもアグロデッキ側が勝つことが多いからです。ミニオンを展開しないでおくとマナ加速をされて巨大ミニオン究極の侵蝕を発動されてから虫害を打たれて負けるからです。究極の侵蝕発動後はほぼ確実に手札に虫害があり「5/5グール」と「装甲+5」の存在で盤面とライフを削りきれないパターンが多いです。

 

 

上記の説明から序盤は攻撃力2~3のミニオンを数体は展開してもいい事になります。それと加えて虫害のケアは(=ミニオンを並べすぎない)1枚目のみします。2枚目は虫害以外では絶対勝てる!という場面以外ではケアしません。なぜならカード1枚1枚の強さはドルイド側の方が上だからです。

 

 

時には虫害が1枚も見えて無くてもミニオン全展開する事もあります。それは「虫害以外では勝ち確でかつミニオンを展開する以外に勝つ手段がない時」です。

 

 

 

VSビッグドルイドの場合、複数並んだ虫害ミニオンコガネムシ)の処理は数を減らすより1体1体の体力を減らすようにする。例えるなら

 

1/5  1/4  破壊 (NGなパターン)

 

よりも

 

 

 1/2  1/2  1/5(OKなパターン)

 

 

決定的な理由よしては始祖ドレイクがいるからです。逆にVS翡翠ドルイドは1体でも多く処理した方がいいです。理由は蓮華紋があるから盤面が取られやすくなります。

 

 

f:id:tempe443:20171031003927p:plain


今の環境アグロデッキであればコバルト・スケイルベインは入れ得です。しかしデーモンズーだけはドゥームガード卑劣なるドレッドロードといった5マナミニオンのライバルがいるので要相談になります。5マナでは積極的にコバルト・スケイルベインを置くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーロー別の対策

 

テンポローグ

f:id:tempe443:20171015114044p:plain

序盤で出てきた古代地の番人等の小粒ミニオンの処理はヒーローパワーよりもファイアフライや小粒の海賊達で処理をする。ただし南海の船長がある時は例外です(打点が稼げるため)。1体でも多く攻撃力1ミニオンを残せば毎ターンダメージは稼げますが虫害1枚目で即投了のようなプレイングはよろしくないです。

 

 

 

勝ち目が「ミニオンを横展開しながら出す巨大エドウィン・ヴァンクリーフ」しかない場合は虫害ケアはしません。なぜなら虫害がなければVS翡翠ドルイドの場合は大物ハンタースペルブレイカーでしか対処できないからです(おまけにそこまで採用率が高くない)

 

 

 

 

 

 

デーモンズー

f:id:tempe443:20170929131130p:plain

中盤以降のマルシェザールのインプ魂の炎ドゥームガードと同じターンに発動するまで出さない。例外として次のターンにクリスタルウィーバーを出す時はマルシェザールのインプを置いてもいいかもしれません。

 

 

虫害発動前後に関わらず中盤は卑劣なるドレッドロードを積極的に出しましょう。体力が5のためなぎ払い1枚では処理できず虫害のミニオンコガネムシ)が実質4になるため突破しやすくなります。

 

 

 

屍山血河のグルダは虫害を最低1枚見てから出す。理由は上記の通りに加え10ターンも経てば間違いなく虫害があるからです。

 

 

 

 

 

アグロドルイド

f:id:tempe443:20170526195328p:plain

 

VSビッグドルイドの場合、序盤はミニオン2~3体でも蓮華紋野生の力と言った全体バフを積極的に使う。ビッグドルイド側はライフを犠牲にしてでもマナ加速を優先するので(=マナがなくては試合にならない)ライフが無くなりそうな6ターン目にやむ終えず虫害を打ちます。VS翡翠ドルイドの場合は翡翠の巨像があるためもう少し横並びしてもOKです。

 

 

 

勝ち筋が動き回るマナ1択以外では虫害を最低1枚見てから発動する。理由はドルイドの①に書いてある通り除去よりマナ加速を優先するので6~7ターン目に虫害を打たざるおえないからです。

 

 

 

野獣の咆哮はリーサルか虫害突破以外では取っておく。マナが余ったからと言って安易に使うと虫害1枚や挑発ミニオン1枚で負けるからです。(なぎ払いが手札にあって相手の体力を4以下に出来る場合は除く)

 

 

 

 

 

マーロックパラディン

f:id:tempe443:20170430212942p:plain
①マナが余ったからと言って無闇にヒーローパワーを打たない。理由は虫害1枚目打たれた瞬間負けるパターンがあるからです。バイルフィンの異端審問官によってヒーローパワーが変わっている場合、温厚なメガザウルスがある場合は例外です。

 

 

 

VSビッグドルイドの場合、マーロックの戦隊長は相手の盤面が空でも出して1点でも多くダメージを与える。何故ならビッグドルイドの序盤はマナ加速と除去両方できないためテンポが取れるからです。VS翡翠ドルイドの場合はマーロックの戦隊長はトレードメインで使う。理由は序盤でも翡翠の偶像ゴラッカクローラーといった小粒ミニオンを出しつつ自然の怒りと言ったカードで処理される可能性があるから。その後翡翠の巨像等で蓋をされたら勝てませんからね。

 

 

 

VSビッグドルイドの6ターン目に複数行動パターンがある時、剣竜騎乗はそこまで強くない。打点が2しか変わらないためマナ加速を優先させ究極の侵蝕や巨大ミニオンで逆転されるからです。マーロックの戦隊長温厚なメガザウルスの方がテンポを取れるためマナ加速より虫害や除去を優先して発動してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆

テンポローグの自由枠について

今回はテンポローグの自由枠について書きます。

必須カードではないけど比較的採用率が高いカードは下記通りです

f:id:tempe443:20171107232820p:plain

 

 

 

 

腹裂き

f:id:tempe443:20171107233552p:plain

 バーストダメージにも挑発除去にも使える便利なカード。カード単体欠点らしい欠点はありませんがケレセス公爵のカードパワーが高すぎるため採用を見送られるケースが多いです。また今環境では体力4より体力5のミニオン*1が多いのも採用されない原因でもあります。

 

①バーストダメージを増やしたい

②挑発を突破したい

ケレセス公爵に頼りたくない(引きを安定させたい)

 

等の理由があれば採用してもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タール・クリーパー

f:id:tempe443:20170526215337p:plain

こんなデッキに強い!:テンポローグ、アグロドルイド、デーモンズー、進化シャーマン

 こんなデッキに弱い!:プリースト、翡翠&ビッグドルイド

 

VSアグロデッキに対しては説明不要の強さですね。他にも獰猛なヒナ蒐集家シャクを守れるのもポイントです。VSコントロールデッキには打点にならない他、ドルイド拡がりゆく虫害を増やす原因になってしまうので採用していないプレイヤーも稀にいます。獰猛なヒナ、ビタータイド・ヒドラ、蒐集家シャクのいずれを採用するテンポローグなら考え無しで採用してもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

南海の船長

f:id:tempe443:20171108000741p:plain

こんなデッキに強い!:テンポローグ、ズー、進化シャーマン

 こんなデッキに弱い!:ゴラッカ・クローラーの入っているデッキ

 

このカードを出すと海賊パッチーズが2/2突撃で出てくるのは有名ですね。このカードも高確率で採用されていますが採用を見送られる主なパターンは

 

①中盤以降はただの3/3になりやすい

ゴラッカ・クローラーの被害を受けやすい

 

の2つです。ビッグドルイドが増えた影響で獰猛なヒナの方が強い状況が多いのも見送られる理由の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

獰猛なヒナ

f:id:tempe443:20171108001936p:plain

こんなデッキに強い!:プリースト、翡翠&ビッグドルイド、クエストメイジ

 こんなデッキに弱い!:アグロデッキ全般

最速でこのカードを出せばドルイド自然の怒り、プリーストの密言・痛がなければこのカード1枚で勝負が決まるカード。このカードの弱点は相手に先にテンポを取られた場合ただの3/3になってしまうのがネックです。特にローグミラーでは「刺客からの一刺し+ヒロパ」「SI:7諜報員+ヒロパ」でテンポを取られてしまうのが弱みです。タール・クリーパーサロナイト鉱山の奴隷を入れてるならヒナも守りやすいので採用してもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒐集家シャク

f:id:tempe443:20171015115910p:plain

こんなデッキに強い!:テンポローグ

 こんなデッキに弱い!:アグロドルイド

手札を増やせる他、6ターン目に彼を出せばボーンメアの効果をほぼ確実に発動できるのがポイントです。現状スタンダード環境で「汎用性が高く」かつ「ボーンメアの挑発がつけられる」隠れ身ミニオンが彼しかいないのもポイントです。*2

また、VSコントロールデッキにおいては彼に除去を打たせ、獰猛なヒナコバルト・スケイルベインを通すプレイングもあります。加えるカードがランダムなためミラー以外の相性に差は少ないですがVSアグロドルイドに対しては3ターン目に出すのはテンポが間に合い可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペルブレイカー

f:id:tempe443:20171108005502p:plain

こんなデッキに強い!:遅めのメイジ、ビッグプリースト

 こんな状況に弱い!:挑発&バフのかかったミニオンがいない時

 

・VSテンポローグ:ボーンメアエドウィン・ヴァンクリーフ

・VS翡翠&ビッグドルイド:挑発ミニオン全般

・VSアグロドルイド蟲のドルイド、クリプトロード

 

など幅広く使えるカード。クエストメイジなどの遅めのメイジに対しては週末預言者の他、凍結のかかった味方ミニオンを沈黙させて予想外のリーサルを狙えたり出来ます。デメリットはバフのかかったミニオンがいなかったり、VSコントロールデッキにおいて序盤に腐ったりと色々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蠱毒なザリル

f:id:tempe443:20171108011157p:plain

 このカードの魅力は1マナの呪文がミニオンに加えられるためヴァイルスパイン・スレイヤーSI:7諜報員のコンボ要因になるのが魅力です。

デメリットは4マナで3/2という貧弱なスタッツを置く事になるのでVSアグロデッキにおいてテンポを取られたり、VSコントロールデッキでもたいした火力にならないため中盤以降で巻き返されやすい事です。便利なカードではありますが早さ重視のテンポローグとはイマイチ相性が合わないため採用を見送られるケースが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躯の駆り手

f:id:tempe443:20170828205545p:plain

聖なる盾&挑発&疾風がついた躯の駆り手が強いのは言うまでもないですね。

このカードの問題点はスタンダード中立で聖なる盾ミニオンアージェントの司令官アージェントの従騎士)が弱い事です。

また疾風ミニオンストームウォッチャーはVSプリーストに対してはカード1枚で対処する事が出来ずとても強力ですがVSアグロデッキでは7ターン目に置いたところで無視でリーサルorミニオンでトレードされるパターンが多いため弱いケースが多いです。カード単体では優秀ですが効果を発動させるパートナーが少ないため採用が見送られるパターンが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーアン・ブラッドフーフ

f:id:tempe443:20171031011525p:plain

こんなデッキに強い!:プリースト

 こんなデッキに弱い!:ビッグ&翡翠ドルイド

 

ボーンメアに繋げるパートナーとして非常に採用率の高いカードです。五分~有利な状況ではとても活躍しますが、不利な状況では使えないパターンが多いとメリットデメリットが非常にわかりやすいカードでもあります。ミラーでよほど不利な状況でなければケーアン→ボーンメアのムーブで一発逆転も可能です。翡翠&ビッグドルイドの場合は4打点がそこまで脅威ではないためマナ加速からの究極の侵蝕を打たれて負けるパターンがあります。

 

 

 

 

 

苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆

 

 

*1:コバルト・スケイルベイン、縛鎖のラザ、コガネムシなど

*2:蓮華凶手は自動で隠れ身が付いてしまうためボーンメアと相性が悪い

10月の騎士団環境を振り返る

f:id:tempe443:20171031010828j:plain

今回は10月のHS環境を振り返ってみよう!という記事です。10月のデッキタイプ別出現率は下記通りとなります。

f:id:tempe443:20171031002654p:plain

 

 

ん~特段大きな変化がないですね!

と、いうわけで今月は個人的に注目したいカードに関して紹介します。

 

 

 

 

 

 

環境トップ】テンポローグ

 

注目カード① コバルト・スケイルベイン

f:id:tempe443:20171031003927p:plain

 ~メリット~

①プリーストのドラゴン・ファイアポーションの影響を受けない

②遅めのドルイドではなぎ払い1枚で処理されない

③このカードが場にいれば拡がりゆく虫害を突破しやすい

④クエストメイジにおいて打点を稼げる(単体除去が少ないため残りやすい)

 

~デメリット~

・ローグ、ズー、アグロドルイド、進化シャーマンなど盤面を処理されやすいデッキには5ターン目にミニオンが残りにくい(効果が使いにくい)

 

 

テンポローグではかなりの高確率で採用されているカード。環境トップのローグには刺さりにくいですが他のコントロールデッキにはとても強いためローグ以外にも彼を採用しているデッキを沢山あります。

 

 

 

 

注目カード② ケーアン・ブラッドフーフ

f:id:tempe443:20171031011525p:plain

メリット

①場持ちがいいためボーンメアに繋げやすい

②VSプリーストではカード1枚では処理されにくい

 

 

デメリット

相手の盤面に触れられないため不利な状況で置いても無視されてそのまま負けるパターンが多い

 

 

最初はバーンズとセットで採用されてましたが最近では単体でも強いことが判明したためデッキタイプ関係なく彼を採用するプレイヤーが増えました。五分~有利な状況ではとても活躍しますが、不利な状況では使えないパターンが多いとメリットデメリットが非常にわかりやすいカードです。

 

 

 

 

 

 

 

環境上位ハイランダープリースト

 

注目カード ガジェッツァンの競売人

f:id:tempe443:20171031013415p:plain

(太陽の破片 ライラと比べて)

メリット

①ドローのため縛鎖のラザ、影刈アンドゥインといったキーカードをいち早く集められる。またデッキ内のカードを引けるため構築級のパワーカードが引けやすい

②4/4というスタッツがプリーストに処理されにくい(処理するにはドラゴン・ファイアポーション密言・怖+縮小ポーションを使わなければならない)

 

 

(太陽の破片 ライラと比べて)

デメリット

①6マナという重さ

②体力が4のため処理されやすい(なぎ払い翡翠の稲妻など)

 

 

最近では太陽の破片 ライラを抜いて彼を入れるプレイヤーが増えました。ミラーマッチではガジェッツァンの競売人の方が活躍しやすいですがアグロデッキと戦った時は太陽の破片 ライラの方が活躍しやすいと言った所でしょうか

 

 

 

 

 

 

 

環境上位翡翠ドルイド

注目カード 蓮華紋

f:id:tempe443:20171031014916p:plain

メリット

①VSアグロデッキにおいて早い段階に盤面を取りやすい

②VSハイランダープリーストやクエストメイジにおいてコンボパーツを揃われる前に勝負をつけやすい

③拡がりゆく虫害のスタッツを上げより突破しにくくする

④全体除去で破壊されない体力にあげる事も出来る

 

 

デメリット

①コンボパーツであるため事故率が上がる

②全体除去を受けるとアドバンテージを失う

影刈アンドゥインの破壊対象を増えやすい

 

 

 

練気がナーフされたことによってこのカードを採用するプレイヤーが増えました。ナーフ前よりミラーが減りプリーストやアグロデッキが増えた事により盤面を意識する状況が増えたためこのカードの採用率が増えたのではないでしょうか(ミラーはいち早く翡翠を育てる、究極の侵蝕を打つ、翡翠のゴーレムを並べるの3拍子のためこのカードの採用が見送られていた)

 

 

 

 

 

環境上位】アグロドルイド

注目カード パワー上納

f:id:tempe443:20171031020548p:plain

そこまで採用率が高いわけではありませんが最近このカードと究極の侵蝕をセットにした構築も見かけるようになりました。メリットデメリットは語るまでもないと思います。ミニオンを並べかつ盤面を取って始めて活躍できるカードのため必須カードになるにはまだ遠そうです。

 

 

 

 

環境中位】進化シャーマン

注目カード 翡翠の精霊

f:id:tempe443:20171031021549p:plain

メリット

①全体除去を受けても再度高スタッツのミニオンを展開しやすい

②雄叫びミニオンのため進化カードと相性がいい

 

 

デメリット

翡翠の性質上、序盤に出しても盤面を制圧しにくい

 

 

このカードと翡翠の族長をセットにした構築を見かけるようになりました。VSコントロールデッキには強く、VSアグロデッキには弱いとデッキ毎の相性によって大きく分かれるのがポイントですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

注目デッキ】ランプドルイド

f:id:tempe443:20171031022431p:plain

注目カードではないですがここ最近ランプドルイドを使用するプレイヤーが増えました。

 

翡翠ドルイドと比べて)

メリット

①VSテンポローグにおいてヴァイルスパイン・スレイヤーがなければ勝ちやすい

②VSハイランダープリースト、クエストメイジ、においてコンボパーツを揃われる前にライフを削りやすい

③VS翡翠ドルイドにおいて翡翠を育てる前にライフを削りやすい。単体除去が少ないのも有利なポイント

 

翡翠ドルイドと比べて)

デメリット

①除去が豊富なデッキ(プリーストなど)においては攻め手がなくなり負けるパターンがある

②ファテーグ勝負に弱い

③序盤にミニオン展開ができないため脆い

 

 

デッキパワーは翡翠ドルイドに劣るものの環境には非常にあっているため今後の活躍が期待されます

 

 

 

 

 

苦情・意見・感想は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆