テンペストHSブログ

HSプレイヤー兼大会運営してます

9月の騎士団環境を振り返る

f:id:tempe443:20170929113847p:plain

 

今回は9月のHS環境を振り返ってみよう!という記事です。なお今回はナーフ後をまとめた内容になります。

※カッコの中は【ナーフ直後の立ち位置→今の立ち位置】となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境トップ環境トップハイランダープリースト

f:id:tempe443:20170821234140p:plain

皆さんが予想通りの結果ですね。構築もテンプレ化してきたこのデッキ。

VSアグロデッキに対しては豊富な全体除去で序盤を凌ぎ

VSコントロールデッキは「預言者ヴェレン」でバーストを叩き込む

とあらゆるデッキに対抗する事が出来ます。

しかしハイランダーのため「除去が引けないまま負ける」&「キーカード(ラザ、DK)が引けない」などの事故も頻繁に起こるためプリースト1強環境までとはいきませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境上位環境トップ】テンポローグ

f:id:tempe443:20170929120359p:plain

今まではミラクルローグが主流でしたがナーフ後はアグロ寄りのローグが流行りました。ハンターやシャーマンと言ったアグロデッキには大量の小粒ミニオン「死角からの一刺し」「SI:7諜報員」と言った除去カードでテンポを取り、ハイランダープリースト相手にはミニオンを大量展開しつつ「冷血」などでダメージを出し全体除去を打った次のターン辺りで仕留めると言ったパターンが主流です。なにより無理なく「ケレセス公爵」を入れる事が出来るため彼を引いた時の爆発力は半端ではありません。ケレセス公爵→南海の船長のムーブをすると海賊パッチーズが3/3で走ってきます。たまげたなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境上位環境上位翡翠ドルイド

f:id:tempe443:20170929122705p:plain

ナーフ前はマルフィリオン君による大自然カードバトルが主流でしたがドルイドカード2種類のナーフにより少しは落ち着きました。しかし最強カード「究極の侵蝕」が現役であるためまだまだ戦えるデッキとなります。ナーフされた「練気」の採用率は高いとは言えませんが1ターンでも早く「究極の侵蝕」を打ったり、「究極の侵蝕」を打った後の手札調整など使用できる機会は多いです。「拡がりゆく虫害」の方の採用率はほぼ100%です。そもそもこのカードは最速5ターン目に打って強いカードでもないためカードパワーとしてはそこまで落ちてません(速攻で勝負を決めたい「荒野の呼び声」とは訳が違います)。最近ですと空いた枠に「蓮華紋」をいれてハイランダープリースト相手にテンポを取る形が増えています。今後のドルイド「究極の侵蝕」あって成り立つヒーローになるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境トップ環境上位】アグロハンター

f:id:tempe443:20170430205709j:plain

 ナーフ直後は環境トップにまで成り立ったハンター。他のデッキが軒並みナーフを受けたことから相対的にこのデッキが強くなりました。苦手だったアグロドルイドが消えたのがポイントですね。今までのハンターは高確率で「ビタータイドヒドラが投入されておりプリースト相手にはミニオンの数や高打点で攻めて全部除去をされた所でヒーローパワーや「殺しの命令」などでフィニッシュする形となります。時間が経つにつれてハンターより先にテンポが取れるテンポローグやデーモンズーが増えてきたためこれらのデッキに勝てないハンターの出現率は低迷しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境上位環境中位】秘策メイジ

f:id:tempe443:20170526204806p:plain

苦手だった海賊ウォーリア、アグロドルイド、マーロックパラディンが消えた事により注目を浴びたこのデッキ。アグロに寄せた形が多く「カバールの下っ端」「ビタータイドヒドラなどのカードが入った構築が増えました。デッキパワーは特段相性のいいデッキが存在しないためこのデッキ出現率が低迷しました。最近ではテンポローグをメタるために「ゴラッカ・クローラーを入れた構築も出てきました。たまげたなぁ・・・(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境中位環境中位】進化シャーマン

f:id:tempe443:20170821224422p:plain

ナーフ直後はミニオンの数や「メイルシュトロームのポータル」「退化」などでハンターを狩るためのデッキとして活躍しました。時間が経つにつれて

①ハンターの減少&豊富なプリーストの主流

②トーテムを序盤で全滅する事ができるテンポローグや「卑劣なるドレッドロード」がぶっ刺さるデーモンズーの流行

により環境上位にはなれませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【環境外→環境上位デーモンズー

 

f:id:tempe443:20170929131130p:plain

ここ数日で環境に現れたこのデッキ。最大のポイントは無理なく「ケレセス公爵」を入れられる事になります(2回目)。本来アグロデッキは全体除去を打たれるときつい状況に置かれやすいですが、中盤以降は「卑劣なるドレッドロード」「ボーンメア」で攻める事ができ、フィニッシャーとして「屍山血河のグルダン」が存在するため序盤から終盤まで強いムーブを作りだすことができます。手札が尽きたらヒーローパワーで補充する事が出来るのもポイントですね。メイジ、海賊ウォーリア、アグロドルイドなどライフを突き詰めやすいデッキが存在しないことから今後の研究次第では更なる活躍をするかと思います。

 

 

 

 

~まとめ~

今の環境を一言でまとめると・・・

 

 

VS

 

カニ

 

 

だと思います。最近ではテンポローグが主流ですが、弱点は色々あります。

環境が色々変わって来月もこの記事を書ける事を祈ります。

苦情・感想・意見は

テンペスト (@tempe443) | Twitter

まで。シャイニー☆